アジアの代替タンパク質企業100社

アジアのタンパク質に関する「破壊的な」トップ企業

アジアでは、代替タンパク質部門はまだ揺籃期にありますが、急速に他に追い付こうとしています。

代替タンパク質が本当にアジアにとってのタンパク質の解決策となるためには、業界がシリコンバレーからの技術やブランドの輸入を超える必要があります。私たちは、この部門の将来の成長を導く大きな可能性を持った地元の革新者や企業が、ここ数年の間に姿を現すのを目にしてきました。この理由からGFI APACは、今年のアジアにおけるタンパク質に関する「破壊的な」100社を挙げるAsia Alt 100(アジアの代替タンパク質企業100社、詳細はこちらから)を作成しました。このリストを毎年更新する計画です。
業界マップ

今年のAsia Alt 100には、単にこの部門の企業リストを挙げるだけでなく、このような企業がどのように協力し合っているのかを示すために35の投資家も示しました。このマップで、私たちは業界のバリューチェインを5つの構成要素、すなわち原材料、生産、最終製品、研究開発、それに開発に分けています。

定義

原材料

従来の動物由来の供給源に代わる、植物・微生物から得た、あるいは細胞農業を通じたタンパク質を豊富に含む成分を供給する企業。

例:植物由来タンパク質:大豆、エンドウ豆タンパク質など 培養タンパク質:株細胞など。

生産

原材料を代替タンパク質製品に変えたり、生産プロセス、特にスケールアップを支援したりしている企業。

例:植物由来タンパク質:タンパク質抽出、押出、食感付加など 培養タンパク質:培地、漿液、バイオリアクター開発、足場材など。

最終製品

植物由来または細胞由来肉、卵および酪農の消費者向け製品ブランド。代替肉は赤肉(主に牛肉・豚肉)、鶏肉、それに海産物で構成される。

研究開発

この部門の成長を支えるような新しい代替タンパク質製品やサービスを革新・導入するための活動を実施する、学術機関や革新センター。

投資

アジアの代替タンパク質部門に対する投資を少なくとも一度行ったベンチャーキャピタル企業や企業育成会社。企業パートナーは、ベンチャーキャピタル部門を持たないアジアの代替タンパク質部門と協働あるいは投資を行った法人。

この業界マップは参考用です。含まれている企業や団体とGFI APACが提携していること、あるいはGFI APACがこれを支持していることを示すものではありません。GFI APACは、この業界マップの正確性、完全性、最新性の表明あるいは保証を行いません。

スタートアップ戦略を企画している企業家、この進化中の部門を追っている投資家、あるいは機会を探っている食品メーカーを問わず、私たちはこの業界マップが役立つことを望んでいます。ぜひフィードバックをお寄せください
注目の「破壊的企業」