有益な情報

アジアの代替タンパク質エコシステムを構築する上で、幅広い科学的研究、市場調査、データ、それに洞察に対するアクセスが必須となります。

この種類のものとしてははじめてとなる報告書は、2018年における中国の植物由来肉産業の状況を概略説明しています。

香港における良い食品に関する事業の計画・立ち上げ・成長についての必要な情報を網羅した手引き書です。

シンガポールにおける良い食品に関する事業の計画・立ち上げ・成長についての必要な情報を網羅した手引き書です。

基本的な情報

このマイペースで学ぶことができる6週間のコースは、植物由来肉および培養肉を生産するために利用する生物学的・科学的プロセス、このような市場部門の背後にある環境的・経済的な原動力、そしてタンパク質の食事における役割を取り扱います。

細胞農業は、実際に動物を使う必要がない、純良の酪農・卵およびコラーゲン・タンパク質の生産を必要とします。この技術文書でGFIは、この生産方法の歴史と今日の食品供給を買える可能性を含む、その概要を示しています。

このファクトシートは、動物を通じて農作物を循環させるよりも植物から直接肉を生産することが環境面で比較的優位であることを説明し、様々な植物由来肉製品による相対的な資源の節約を明確に述べています。

地球上の生命の安定は、活気に満ち、健康な海に依存しています。にもかかわらず、地球全体における乱獲によって、無数の海洋生態系が崩壊寸前となっています。この白書は、植物由来でクリーンなシーフードを進歩させる機会を強調しています。

科学者向け

GFIは、様々な拡大縮小や費用削減のシナリオを通じて、細胞培養培地の費用や細胞由来の肉の予想生産量の分析について順を追って説明します。この分析の要約の日本語版があります。

「この文書は、オリジナルの報告書の要約あるいは抜粋版です」「英語版のオリジナルの報告書を見るには、私たちのウェブサイトを訪問して下さい」

この記事は、新しいタンパク質源によって、私たちがどのように革新的で、魅力があり、持続可能な各種の新しい肉、卵、酪農物の代替品を生み出すことができるのかについて説明しています。

GFIはこの白書の抜粋版で、なぜ消費者やメーカーが従来の動物卵に代わって植物由来の卵代替品を考えているのかについて、その視点から見た主な動機の概要を示します。

「この文書は、オリジナルの報告書の要約あるいは抜粋版です」「英語版のオリジナルの報告書を見るには、私たちのウェブサイトを訪問して下さい」

食品技術者協会(IFT)の2018年1月号のカバー・ストーリーで、GFIのシニアサイエンティストであるLiz Specht博士が、クリーン肉の将来について説明・議論しています。

オリジナルの英語による記事は、2018年1月のIFT(Institute of Food Technologists、米国食品技術者協会)Magazine誌(第72巻第1号)のが初出です。この記事の著者は、IFTの会員です。

投資家向け

この報告書は、米国の植物由来食品産業にとっての画期的であった年についての洞察を示します。GFIの開かれた分析は、小売および食品サービスの販売データ、投資分析、技術的な進歩、消費者に関する洞察、業界の予測などを探っています。

この開かれたレポートは、培養肉産業のグローバルな分析を提供します。GFIの専門家が、この急激に加速している、世の中に変化をもたらす市場部門における投資、競争環境、消費者に関する洞察、それに科学的進歩について詳述します。

この分野における初めてのレポートでは、代替タンパク質における微生物発酵の汎用性の高い利用を紹介し、競争状況、革新の機会、製品および成分の応用、投資傾向、規制状況などを取り扱っています。

資金調達を行うスタートアップ企業と潜在的な共同投資家を結び付け、市場を理解し、技術的な環境を理解することができ、現在のポートフォリオ企業の成功に役立つ情報のリスト。

スタートアップ及び企業向け

この重要な分野で革新のペースを加速させるために、GFIの科学技術チームが作成した、植物由来肉産業に対する影響力の大きなアプローチについてのガイド。

このマインドマップは、最も将来性のある食品技術産業の一つであるクリーン肉における技術開発の機会を説明しています。

包括的な文献研究を通じて、GFIは、消費者による植物由来肉の受容を加速するための最も効果的な戦略を帰納的に決定しました。

このガイドは、主要2カテゴリーの植物由来肉製造のために押出技術を利用するための実際的なモデルを示します