なぜいま代替タンパク質なのか

タンパク質の生産方法がすべてを左右します

従来肉、卵、それに酪農品は、持続不可能であり非効率的。気候変動、環境の悪化、そして抗生物質の効かない病気の原因となっています。

環境の悪化

国連の科学者は、動物を食糧として飼育することは、「地球温暖化、土地劣化、大気・水質汚染、そして生物多様性の損失といった、世界で最も差し迫っている環境問題の大きな原因の一つ」であると述べています。

世界的な貧困

家畜の餌にするために農作物を育てることは非常に効率が悪く、穀物やマメ科作物の価格を上昇させ、世界の貧困を固定します。2050年までに90億人分の食糧を生産できるようにするためには、より効率的なシステムが必要になります。

動物福祉

現在の畜産物の生産によって、考えることや感じることができる数百億の動物たちが、極度の監禁状態、感情的なトラウマ、苦痛を伴う解体、残酷な畜殺にさらされています。

人の健康

世界保健機関によれば、畜産動物に含まれる大量の抗生物質は、標準的な抗生物質が効かない抗生物質耐性菌やスーパーバグが発達する原因の一つとなっています。動物に使用される抗生物質の多くは、病気の動物を治療するためではなく、集約農業システムで成長促進や病気防止を目的として使用されています。

アジア太平洋における独自の課題と機会

インドを除いたアジア太平洋地域は、世界人口の42%を占めています。ただしこの地域が重要なのは、市場規模や予測される食肉消費量の伸びといった明白な理由ばかりではありません。

食の安全

シンガポールは2030年までに、自国の栄養上のニーズの30%を国内生産する構想を打ち出しています。現在、シンガポールが消費している食品の90%は輸入品です。代替タンパク質は「30バイ30」国家戦略構想を達成するための主要戦略のひとつです。



アフリカ豚熱ウイルスなどの大流行は、供給不足を深刻化させ、食肉価格の高騰を引き起こしており、中国の豚肉の場合、100%を超える上昇率となりました。

食文化

アジアには多数の食文化があり、それぞれの地域が独自のエスニック料理を発展させてきました。たとえば、中国文化では豆乳は酪農牛乳の代用品ではありません。実際には、西洋から酪農が紹介される前から一般的でした。



アジアで植物由来の飲食物を主流にする上での難題の一つが、宗教と菜食主義の結び付きが深く根付いていることです。

食品産業

半世紀前と比べると、平均的な人間は現在、ほぼ2倍の海産物を食べています。2016年現在、水産養殖による生産の80%以上が東アジア及び太平洋で行われています



2016年の時点で、中国は世界の分離大豆タンパク質の79%、世界の繊維大豆タンパク質の50%、世界の大豆タンパク質濃縮物の23%を加工する能力を備えていました